同一の効果と効能

ED治療薬の中でウィークエンドピルの愛称で呼ばれているシアリスはその効果が1日半続くことから週末の金曜の夜から服用することで、日曜の朝まで効き目が持続してくれることで、週末を1錠で乗り切れることからそう呼ばれるようになりました。
36時間効き目が持続するので、1度の性行為で効き目の持続を心配することなく、男性の焦りやプレッシャーと無くした薬とされています。
第三世代の薬であり、第一世代はバイアグラ、第二世代はレビトラとなっています。
バイアグラやレビトラの弱点でもあった、効果の持続時間と食事による影響を改善して薬でもあります。
食事による影響を受けやすかったED治療薬ですが、シアリスは800キロカロリーまでの食事であれば、薬の効き目に影響はないとされています。
長く効き目が持続するのは主成分のおかげであり、主成分がタダラフィルという成分で、この成分の特徴は水に溶けない性質があることです。
水に溶けないので、体内に摂取して時に効き目が現われるまでに、1~4時間ほどかかり、大きな個人差があります。
服用のタイミングは性行為の3時間ほど前が最も良いとされています。
徐々に効き目が現われてくるので、副作用も少ないと言われ、最も多い副作用の症状が頭痛、次いで顔の火照りとなっています。
シアリス服用者の3割程度の方に副作用が見られるようで、発現率も低いとされています。
使用にはクリニックや病院での処方のみが日本での入手ルートとなっています。
治療や薬代もすべて自己負担の治療となるので、薬代を下げたい方はジェネリック医薬品を海外から取り寄せる方法もあります。
シアリスのジェネリック医薬品にはタダシップというクスリがあります。
タダシップとは有効成分がシアリスと同様にタダラフィルであり、効き目の持続時間や食事の影響を受けないなどのメリットも同様となっている薬です。
ジェネリック医薬品なので薬代も抑えられます。
個人輸入の代行業者から購入することができますので、気になる方はインターネットなどで検索してみてください。